スマホを使った副業詐欺を見抜くコツ

 

なぜスマホを使った副業詐欺が起きるのか

2020年は5Gが注目されてスマホで多くの情報量を高速で通信できるようになり、ネット副業を手軽にできるようになりました。また、本業が不安定になったためにお金を稼ごうと副業をする傾向があり、悪徳業者がその心理を狙って罠を仕掛けるようになっているため注意が必要です。詐欺のパターンはいかにも簡単に稼げると見せつけ、登録する際に多くのお金を請求されますが実際には何も得られないまま終わる傾向があります。また、初心者は安全性よりもいかにして稼ぎたいか考える傾向があり、「誰でも1時間で1万円」などのうたい文句で誘惑すると乗せられやすくなるものです。このため、不特定多数に送信すると何人かはいると考え、バナー広告だけでなくlineやTwitterなどを用いて行う傾向があります。

どのような詐欺のパターンがあるのか

副業は数が多くて好みに合わせて選べ、スキマ時間をうまく使って稼げます。しかしながら、実際には詐欺のリスクもあり親や友人などには良いイメージがなく、言えば反対されるためこっそりとしたいと考えるものです。また、このようなケースは詐欺にあってしまうと取り返しがつかないことになり、事前にパターンを覚えてする必要があります。パターンはlineで偽の内職を斡旋する方法で、月に30万円など稼げるとアピールし登録すると必要なものの購入のため高額の費用を請求されることが多いです。また、Twitterでリツートすると懸賞に当選し、振込手数料がかかりクレジットカードの情報を教えて手数料を振り込んでも反応がなく音信不通になることもあります。

どのようにして副業詐欺を見抜くのか

2020年はスマホの普及や雇用情勢の悪化などで、lineやTwitterなどのSNSで副業詐欺をする悪徳業者が増えています。しかし、このような場合は口コミや評判があっても良い内容を羅列していることもあり、自分自身で見分けるしかありません。基本的に、初心者でもできる副業はアルバイトより報酬が低く、誰でも高収入や月に30万円などは絶対にありえないと考えると避けやすいです。また、会員登録料や商品、教科書、情報商材などで先にお金を払うようなものは注意が必要で、怪しいと思えばその場でネットで調べると嘘だと分かります。また、発信元を調べるとおかしな点があればすぐに判断しやすくなり、SNSなら公式でないものもありホームページなら会社概要がきちんと記載されているか確かめると判別しやすいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket