初心者が投資をビジネスとして行うには

   2021/02/15

投資初心者が副業で投資をビジネス化するには2つの手法が主です。一つは、自分で投資すべく銘柄を自由に選び投資をする株式投資の他金なの℃希少金属の投資または仮想通貨投資です。そして、2つ目が投資信託のようにアドバイザーに資金を提供し自動で売買を進めて貰い資産を増やすやり方です。投資信託以外にもアドバイザーが第3者になり替わり投資をしてくれると言う物は多数ありますのでこちらであれば経験が無くとも投資を進めることが出来ます。

自分で投資をする場合の利点は、自由に銘柄やサービスなど投資すべく物を自由に選べる点ですが、反面詐欺などの情報をきちんと把握してなければ詐欺にあう可能性も高くましてや詐欺にあった場合に投資したサービスや商品に対して返金を求めることが出来ない為注意する必要があります。

では、投資信託系のアドバイザーに対して資金提供し資産を増やす方法はどうであるかですが、こちらの場合口コミの評価が重要でどのような投資信託会社が信頼できるかという情報が重要です。というのも実績がある会社でも過去には投資信託で大きな損害を出していることもある為、保険をかける意味で出来るだけ情報を集め複数の投資信託アドバイザーを利用して資産を分散させることでリスクを減らすなどの対策がアドバイザーを利用する場合は必要となります。

もちろん、信託会社を一つに絞った方が管理はやり易くなりますが、問題は資産を分散してないが故不利益を被った場合その損害は一か所で多く発生するのであまりお勧めではない手法です。

以上が初心者の方に向けた副業として投資をする手法の大まかな考え方ですが、自分で投資をすべきものに対して投資をする方が利益については得られた利益は大きいですが、損害も同様賄うだけの資産を必要としますので損害においてはそれを穴埋めするだけの体力があるかも問われます。投資信託も同じですが、投資信託は止めるという選択肢も可能ですので後に下がることが出来ないという選択肢に陥らないという利点もあります。

逆を返せば、自分で投資をするものは後に引けなくなる可能性が高くなるが故、投資に失敗した方は自己破産という選択を取ることもある為、どちらの手法で資産を増やそうと思うかは個人の自由となります。自分での投資も投資信託アドバイザーによる投資も失敗をする時は失敗をしますので、後はどちらの方が失敗した際振出しに戻ったり投資自体を止めることがしやすいかが重要でアドバイザーに頼る投資のほうが投資自体を止めやすいので安全性は高いと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket